壁紙作成ツール 使い方

当サイトの目玉コンテンツの一つ、壁紙に好きな文章を入れることが出来る壁紙作成ツール。このページではその使い方と何が出来るのかを簡単に説明します。

トップへ

壁紙作成ツール 使い方

壁紙作成ツール 操作画面

上の画像は、当サイトの目玉コンテンツの一つ、壁紙作成ツールの基本画面です。
使い方の説明は不用なほど、シンプルに作ってはいますが、一応このページでどんなことが出来るのか、また簡単な使い方の説明をしておきます。
※ クリックすると別窓で拡大表示されます。

壁紙作成ツール 概要

このツールは、私が用意した壁紙画像の好きな位置に、好きな文章を入れることが出来るツールです。
また、フォントの大きさから、フォントの書体も好きなものから選ぶことが出来ます。
たとえば、「明朝体」で「16px」の大きさのフォントを使い、「1,024 x 768」サイズのイチゴの壁紙画像を使った場合の例です。
こちらは、同じ条件で書体を「極太ゴシック」にしてみた例です。

もちろん、こんな感じに別の壁紙画像を使い、文章の位置も変更することが出来ます。

使用できる壁紙は、今後も増やしていきます。
最終的には、私のこのサイトで紹介している全ての壁紙が選択できるようなツールに仕上げることも考えています。

使い方

使い方は、こちらの図解を見てもらえばわかるとは思いますが、一応説明を。

まず、画像左上に表示されている「So What? 壁紙無料配布SoWhat」の部分に書かれている文章が、壁紙画像に組み込まれる文章になります。
これは、画像左下の「壁紙に挿入するメッセージ入力欄」に入力することによって、好きな文章に変更できます。
複数行のメッセージを入力する」という部分をクリックすると、改行を含めた長い文章を入力することが出来ます。

また、画像のどこかをクリックすると、その位置から文字を表示させることが可能です。
ただし、この時の一はあくまで目安です。
3種類の壁紙サイズが選べるのですが、リアルタイムに表示される位置はあくまで目安になります。

画面下部の「フォントの大きさ」「フォントの書体」「フォント及び影の透明度」で、フォントを加工することが出来ます。
ただし、フォント間隔や行間の幅は指定することができません。

全て設定し終わったら、「確認」ボタンをクリックすると、別窓で作成された壁紙が表示されます。
だいたい10~20秒かかると思います。

なお、壁紙の保存や、出来上がった壁紙をお使いのパソコンの壁紙にするには、

を御覧ください。

今後の予定

こうしたツールをあと2~3個考えています。
次は、壁紙にカレンダーを入れることが出来るツール・・・ですかね。